能楽師 観世流 シテ方

1962年 京都に生まれる。杉浦元三郎 長男。
祖父 杉浦家初代 義朗は、25世宗家より雪号を与えられ「友雪」(ゆうせつ)と名のる。また祖母は、京舞井上流 人間国宝 4世井上八千代。
1966年 3歳で、「鞍馬天狗」にて初舞台以来、父 杉浦元三郎 及び、伯父 片山幽雪(博太郎)に師事し、名子方と評される。
また、1971年 8歳で「岩船」にて初シテをし、成人までに「鷺」「石橋」「乱」という重習曲を始め、シテ25番演能する偉業をなしている 。
その後、 1984年 21歳で25世宗家観世左近に内弟子入門し、芸と人間形成の修行に励み、1989年独立。
現在は26世宗家観世清和に師事し、これまでに「道成寺」「翁」「望月」「正尊」「安宅」「求成」「砧」「卒都婆小町」の開曲を始め 130曲、 のべ240番の演能を果たし、迫力とキレのある型で定評あり。
また 杉浦家一門を指導し、 『杉浦定期能』の運営はもとより、京都観世流の中核として活動を行う中、 公益社団法人京都観世会理事を始め、公益社団法人能楽協会常議員・京都能楽会理事と数々の役職を歴任し、若手の指導・育成にあたる。
自身の研鑽・能の伝承・普及・発展の為に行ってきた『杉浦能公演 』は今年で37年目となる。
そして、日本文化の源流である能楽に関する知性を深めてもらう為、京都・大阪・姫路・宍粟・広島・奈良で仕舞・謡の稽古教室を開くほか、京都女子大学能楽部の講師も勤める。
さらに新しい客層を開拓するべく、初心者にやさしい公演として『鳴滝能 』を開催 。また能が楽しくなる ・能が見たくなる体験講座として『鳴滝倶楽部』 の企画・公演もしている。
今後は日本のみならず世界へ能を発信していく為、アメリカのデトロイト・ ヒューストンでの「土蜘蛛」の演能を始め、インド・オーストラリア・ヨーロッパ各地の海外公演にも積極的に参加している。

杉浦豊彦について
杉浦豊彦について

能を観る

舞台スケジュール一覧を見る

能を体験する